サプリメントの賢い摂り方

サプリメントって何?


サプリメントの錠剤 サプリメントを日本語でいえば、栄養補助食品。
つまり、健康に役立つ食品ということになります。

スポーツドリンクやダイエット食品などさまざまなサプリメントが市場に出回っていますが、サプリメントには錠剤やカプセル状のものもあり、食品なのか何か、判然としないものも少なくありません。

最近ではドラッグストアだけでなく、コンビニエンスストアなどにもサプリメント コーナーが設けられ、手軽に購入できるようになりましたが、摂り方やそのよさについては、意外に知られていないようです。サプリメントの役割とそのよさ、賢い摂り方などをまとめてみました。

足りない栄養素を補う食品

「サプリメント(supplement)」という言葉は、英語で「足りないものを補給する」「補完する」を意味します。このサプリメントと呼ばれる栄養補助食品は、様々な健康問題が怒っていた欧米で開発されました。

欧米ではすでに食事だけでは補うことのできない栄養素を補完する食品、つまり食事の一部としてとらえられています。
ただし、ここで間違えてはいけないのは、体にいいからといって一度に大量に摂取しないこと。あくまでも 【食事で不足しがちな栄養素を補う】のがサプリメントの役割なのです。

また、サプリメントは食品ですから、不足している栄養素を一度に大量に摂取したからといって体調が急に良くなることは期待できません。

サプリメントは食品に分類されますが、中には、悪い作用が出ることもあります。これは食品についても同様。
詰まっているからといってコンニャクを大量に食べると逆につまりを悪くしたり、元気になろうととしてキンナンを食べ過ぎると消化不良を起こしたりすることもあるのです。

サプリメントの最大のメリットはカロリーを極力摂らずに不足しがちな栄養素を補える点です。食事の一環として、バランスのとれた栄養摂取を補助する食品としてサプリメントを上手に活用しましょう。

現代人の食生活に欠かせないサプリメント

サプリメントの錠剤健康が保たれるためには、エネルギーをつくる、体をつくる、精神を安定させる3つの心身のバランスが決め手となります。栄養バランスのとれた食生活をしていれば、これらは正常に行なわれるはずです。
ここ数年、海外で日本食がブームになっているといいます。これは日本人がこれまで食べてきた和食の栄養バランスのよさが諸外国で評価されているからにほかなりません。

和食に欠かせない野菜や海藻、大豆などの豆類にはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。また、魚介類にはたんぱく質をはじめ、ビタミン、カルシウム、IPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)なども含まれてます。

しかし、残念なことに、ここへきて日本人の食生活はかなり欧米化してしまいました。原因はファーストフードやさまざまな加工食品の台頭などがあげられます。また、外食が増えているのもその一因。ファミリーレストランなどのメニューは肉料理や脂肪分の多い食事がほとんどです。

肉やカロリーになるたんぱく質、炭水化物、脂肪の三大栄養素からエネルギーをつくるためには必要ですが、13種類のビタミンと数十種類のミネラルなどの副栄養素の力も不可欠なのです。

これらの活動は副栄養素がすべて揃わないと正常に行なわれません。1つの副栄養素を多くとっても、ほかの副栄養素が足りなければ、スムーズに行なわれないのです。

ですから、たんぱく質や炭水化物や脂肪を上手に減らすためにも現代人にはサプリメントが必要になるというわけです。

サプリメントを上手に摂る方法

言うまでもなく、まずは食生活の見直しから。レトルト食品や店屋ものが多くはありませんか。外食が多い人も要注意です。食生活を見直したうえで、足りない栄養素をサプリメントで補いましょう。
毎日の食事をチェックして、栄養バランスに自信のない人は、さまざまなビタミンを一度に摂れるマルチビタミンを。マルチビタミンは、11種類以上のビタミンが配合されているものを選びましょう。その上で、個々のビタミンやミネラル、食物繊維(ファイバー)などをトッピングします。


たとえば、
  • 詰まっているなら 食物繊維ビタミンC を。
  • 喫煙者は積極的に ビタミンC を摂るようにします。
  • お酒の好きな人はビタミンB群と ビタミンC
  • 40代を迎えた女性はビタミンEと ビタミンC を補給
  • また、ステーキなど脂肪やコレステロールの多い食事をした時にはEPA・DHAや 食物繊維 、レシチンを摂るとバランスがよくなります。
ただし、製品に記されている摂取量は必ず厳守すること。

市販されているサプリメントのほとんどは害となる作用がない安全なものですが、なかには強い作用のあるものもあります。不安な場合は医師に相談すること。

なお、サプリメントを購入の際は「食品」と表示してある製品を選びましょう。摂るタイミングは食事の前後が最適。「この食事だとビタミンCが不足するな」と思ったら ビタミンC を、「ここ数日、根菜類を食べていないな」「ちょっとつまりぎみみたい」と思ったら 食物繊維 のサプリメントを補充するようにします。

サプリメントは、食事を補完するものだということを忘れずに
賢くサプリメントを活用してください。


 
|
 








全商品一覧へ