アミノ酸の仲間 ペプチド/たんぱく質/アミンとは?

ペプチド/たんぱく質/アミンとは?

「ペプチド」「たんぱく質」「アミン」などはアミノ酸(アルギニンはアミノ酸の一種)ととても関係の深いものです。

○ペプチド・たんぱく質とは
ペプチド、たんぱく質ともに、アミノ酸がつながってできたアミノ酸の塊です。
どれだけの数つながっているかによって名前が変わります。

ペプチドはアミノ酸が数個から10個ほどつながっったもので、特に2つつながったものをジペプチド、3つつながったものをトリペプチドといいます。

たんぱく質は、アミノ酸が10個以上つながっているものを言いますが、一般的にたんぱく質とよばれるものは数百から数千のアミノ酸がつながったものです。

もともと、アミノ酸の分子は水の2倍ほどの大きさですので、
ペプチドはその数倍、たんぱく質はその数百倍の大きさの分子です。たんぱく質はとても分子が大きいものなのです。

ペプチド・・・アミノ酸が数個から10個程度つながっているもの

ジペプチド・・・アミノ酸が2個つながったもの
トリペプチド・・・アミノ酸が3個つながったもの

ジペプチドとトリペプチドを含めてペプチドと呼びます。

たんぱく質・・・アミノ酸が10個以上つながったもの
一般的なたんぱく質は数百から数千のアミノ酸がつながっています。

結合したアミノ酸の数だけ分子の大きさは大きくなっていきます。

○アミンとは
一方アミンとはアミノ酸が結合したものではなく、
アミノ酸の分子の一部が酵素などの作用(脱炭酸)を受けて変化したものです。

たとえば
アミノ酸の一種ヒスチジンが酵素により脱炭酸しヒスタミンという物質ができます。
また
アミノ酸の一種デアル「チロシン」を脱炭酸などいくつかの反応を経てアドレナリンという物質ができます。

アミン類はアミノ酸が少し変化したものだと思えばよいでしょう。











全商品一覧へ


>> お支払方法・手数料について >>送料について >>お問い合わせ