サプリメントとは?

サプリメントは英語の「ダイエタリー・サプリメント(食事を補う)」を略したものをいいます。

サプリメント通常の食事では不足する栄養を補うための食品との中間としのものとしてDSHEA(ダイエタリー・サプリメント健康・教育法)という法律によって定義されています。日本語では「補助食品」もしくは「健康補助食品」と訳されます。

厚生労働省の定義によると、栄養成分を補給する錠剤やカプセルなどで、通常の食品形態ではないもの、という分類がされていますが あくまで「食品」という位置づけにされていますがあいまいに使われていて、明確に規定する法律はありません。

1920年にビタミンが発見されたことに始まり、サプリメントが消費されるようになりました。
特にアメリカでは、保険制度の問題で高額な費用が必要となるため、サプリメントが日常的に利用されており、 サプリメントが広がりました。 また、健康の自由運動という、食品の表示の自由や、サプリメントの使用の自由を健康のために求める運動が盛んです。

しかし、日本では、「食品」として位置づけられているため、 特に「薬事法」によって規制が行なわれていて、サプリメントの表示の制限があります。 食品という位置づけが判然としないこととともに大きく議論されています。


 
|
 








全商品一覧へ