アルギニンはどうやって作られるの?

三大栄養素のひとつであり、人間の体の大部分を作っているタンパク質。
体のさまざまな部分はもちろん、酵素やホルモンなどもタンパク質から作られています。
このタンパク質は約20種のアミノ酸から構成されているため、健康な体を保つためには、こうした各種アミノ酸が必要不可欠だと言えます。

体の全ての部分は、場所によって多少の違いはあれ日々新しいものに入れ替わっていくため、毎日の食事から各種アミノ酸をしっかり補給することが大切です。


自己生成でないアミノ酸


自己生成できない アミノ酸人間の体に必要なアミノ酸は約20種類あり、そのうちイソロイシンやロイシン、リジンなどの9種類のアミノ酸は体内で自己生成できないため、食べ物から摂取する必要があります。
これらは「必須アミノ酸」と呼ばれ、それぞれに重要な役割を担っています。

アルギニンやアスパラギン酸などは体内で自己生成できる非必須アミノ酸ですが、アルギニンは子供のうちは自己生成できず、食品からの摂取が必須であるという特徴を持っています。
よってアルギニンは「準必須アミノ酸」とも呼ばれ、大人になっても不足しがちな成分であることから、食品からの補充が理想的だと言われています。


子供の健やかな成長をサポート


子供の成長サポートに アルギニンアンモニアを尿素に変えるオルチニン回路の中間体であるアルギニンは、タンパク質の合成をサポートするため、子供たちの健やかな成長はもちろん、大人のアクティブな毎日にも欠かせません。

また、「サラサラ」状態を保つ一酸化窒素の生成にも関わっていることから、アルギニンはヘルシーライフを支える大切な成分だと言えそうです。


 
|
 








全商品一覧へ