成長ホルモンとは

寝る子は育つ

寝る子は育つ 成長ホルモンって聞くと、子供には重要だけど、大人にはあんまり関係ないんじゃないの?って感じがしますよね?

子供が大きくなる為に、体のどこから出されてるんだろうなぁってイメージです。

もちろん、成長ホルモンは子供が成長するためには不可欠な存在です。

子供の成長に絶たい不可欠な成長ホルモンは昼間起きているときより、夜寝ているときのほうが盛んに出されます。
睡眠時間が短かったり、睡眠を途中で妨げられたりすると成長ホルモンの出が鈍くなって、子供の身長の成長も遅くなる可能性もあるそうです。

「寝る子は育つ」っていうことわざがありますが、単にことわざと言うだけでなく、
科学的にも正しい事実だったんです。

しかし、昔は成長ホルモンなんて言葉もなかったと思うし、その存在も知らなかったと思います。

昔の人が経験的に、たくさん寝る子供は元気で、ご飯もいっぱい食べて、いっぱい遊べて、
いつでも健康と言うことから「寝る子は育つ」と言う言葉が生まれたのかもしれません。

 

子供とアルギニン   ● 身長が高くなりたい

 

大人にも成長ホルモン

大人にも成長ホルモン成長ホルモンが子供の成長に需要なのはよくわかります。
でもい実は、成長ホルモンは成長期ではない大人にもとても重要なはたらきをするんです!

年を重ねるごとに体力や筋力が落ちて行ったり、減ってしまったり、余計なところにお肉がついたり・・・そんな悲しい現象は誰にでもありますよね。
誰にも逃れることのない現実・・・。


年には勝てない・・・・。


なんて悲観的?な方もいらっしゃるかもしれませんが、それらの現象は成長ホルモンによって変えることができるんです!

成長ホルモン自体、年とともに減っていってしまうのですが、
アミノ酸の一つのアルギニンを摂取することによって、
成長ホルモンが出るのを助けることができるんです


アルギニンは非必須アミノ酸と言って体の中で作り出すことができますが、
加齢と共に減ってしまうので、食品などから積極的に摂取する必要があります。

現在は、アルギニンのサプリメントも発売されているので、
手軽にアルギニンを摂取することも可能です。

成長ホルモンの出を多くして、加齢に負けない体を作りたいですね。

 

ダイエットとアルギニンアルギニンできれいに生活習慣を見直す

 

偏食傾向の子供達

偏食傾向の子供達子供にも大人にも重要な成長ホルモン。そして、アルギニン。
大人はアルギニンを体の中で作り出すことができますが、子供のころは十分な量を体の中で作り出すことができないため、アルギニンは必須アミノ酸となっています。 すなわち、口から摂取しなければいけない栄養素なのです。

成長ホルモンが重要な時期に、成長ホルモンの出を進めるアルギニンンが不足すると言う事は、子供の成長にとっては深刻な問題です。

いくら寝ている間に活ぱつに成長ホルモンが出されると言っても、アルギニンが足りなければ限界があります。

偏食傾向にある現在の子供達。
普段の食事から必要十分のアルギニンを摂取できているかは難しいところです。



偏食を直すのが一番ですが、その為に楽しい食事の時間が、
辛いものになってしまうのもかわいそうです。

a少しずつ好き嫌いをなくしていき、時間をかけてなんでも食べられるように
変えていってあげられればいいですね。

なんでも食べられるようになるまで、アルギニンのサプリメントを活用して、
積極的にアルギニンを摂取させるのも良い方法だと思います。

子供たちの健やかな成長をできる限りサポートして、見守っていきたいですね。

 

飲みやすいアルギニン子供とアルギニン



 
|
 







全商品一覧へ