ノーベル賞をとったNO(一酸化窒素)の働き

「ガタ」では片づけられない

「ガタ」では片づけられない人間は加齢とともにいろいろなところにガタが出てきますよね。

体力が落ちていくのはもちろんですが、筋力も落ちてしまいますし、ついてほしくないところにお肉がついたりすることもあります。

ここまでは、頑張れば自力で何とかなりそうな感じですが、管の硬化、血流の悪さや詰まりは命の危険と隣り合わせで「ガタ」では済まされません。

加齢によっておとろえた体は、生活習慣の見直しや、適度な運動、そして成長ホルモンを出すことによって、良い方向へと変えていくことができます。
成長ホルモンを出すためには、アルギニンと言うアミノ酸が不可欠です。


アルギニンは体の中で作られますが、残念なことに、年とともに減ってきてしまいます。
なので、意識してアルギニンを摂取する必要があります。

普段の食事で、アルギニンを多く含む肉類やナッツ類を摂ったり、
サプリメントを活用するのもお勧めです。

そして、そのアルギニンは管の硬化、血流の悪さや詰まりを、
柔らかくそしてスムーズに流れる手助けをしてくれる物質と深い関係
があるのです。

 

アルギニンを多く含む食品 アルギニンで生活習慣を見直す

 

変身するアルギニン

変身するアルギニンアルギニンは私たちの体の中で、酵素と反応して一酸化窒素に変身します。

一酸化窒素=NO(エヌオー)は、管を柔らかくして血流を良くすることで、健康維持に欠かせない酸素や栄養をスムーズに運ぶはたらきをよくします。

このNOのはたらきに関する発見、功績は1998年のノーベル賞受賞へとつながりました。そして、ノーベル賞の受賞により、近年、NO研究は広がりを見せています。

体中に張り巡らされている管は、すべてをつなげると10万キロメートルにもなるそうです。これは地球2周半の長さだそうです。

こうやって考えてみると、こんなにも長い管の中を、詰まることなくスムーズな血流を維持するのって、かなり大変なことですよね。

管を柔らかくして、血流を良くし、管の隅々、体の隅々まで酸素や栄養を運ぶはたらきをたかめるNO。NOは私たちの体にはとても重要な物質なんですね。

 

 

積極的にアルギニンを摂ろう

積極的にアルギニンを摂ろうNOのはたらきによって、血流が良くなると言う事は、命を落とすような管の不具合をなくしていくのはもちろんですが、寒がりやコリ性の人にも期待ができますね

そして、体中に酸素や栄養が行きわたり、心も体も元気になりそうです。
管の健康は、体全体の健康につながるんですね。

健やかに毎にちを過ごすため、NOを作り出す環境を整えないといけないですね。
アルギニンを多く含む肉類やナッツ類をしっかり摂ったり、サプリメントを上手に活用して、管の健康を保ちましょう。

毎日アルギニン


 
|
 







全商品一覧へ