スポーツと睡眠

寝ている間に

寝ている間に睡眠に関して「寝る子は育つ」
昔から言われていますよね?

それって、実は科学的にも正しい事実で、子供が成長するのに重要な成長ホルモンは、寝ているときに多くぶん泌されているのです。

夜寝ているときはもちろんですが、昼間でも睡眠をとった場合は成長ホルモンは盛んに出ます。

しっかり睡眠をとらないと、成長ホルモンが不足して、 体だけでなく心にも
支障が出ることもあるそうです。

子供たちが心身共に健康に成長するため、成長ホルモンが不足しないように、
しっかり睡眠をとることができるように心がけてあげたいですね。

 

成長ホルモンとは    身長が高くなりたい

 

スポーツと成長ホルモン

スポーツと成長ホルモン子供達の成長に重要な睡眠、そして成長ホルモンですが、大人にもとても重要なんです。

年を重ねるごとに体力や筋力が落ちていくと言う事はありがちですよね?
それは、成長ホルモンが
不足しているサインなんです。

と言う事は、成長ホルモンのぶん泌が良くなれば元気で、筋力もUPすると言う事です。

そして、スポーツをする人にとっても成長ホルモンは、スポーツパフォーマンスを上げるうえで、とても大切なカギなのです

成長ホルモンは寝ている間に盛んにぶん泌されますが、運動の後にもぶん泌が盛んになることがわかっています。

運動後に成長ホルモンのぶん泌をうながす為には、体を休ませることが大切です。
スポーツ選手の合宿などで、昼寝の時間が設けられているのはその為なのです。

 

スポーツパフォーマンスをあげたい

 

アルギニンの力

アルギニンの力成長ホルモンをうながす成分に、
アルギニンがあります。

アルギニンは非必須アミノ酸と言って、
体の中で作られます。
しかし、激しい運動や年を重ねるごとにアルギニンは不足してしまいます

スポーツに適した体、筋力UPなど、スポーツパフォーマンスを上げるために、積極的にアルギニンを摂取することはとても大切です。

アルギニンを摂取することによって、成長ホルモンのぶん泌が促されます。

アルギニンは肉類やナッツ類などに含まれています。
スポーツをする人だったら肉類は良く食べるのではないかと思いますが、
アルギニンのサプリメントを利用するのも賢い方法です。

アルギニンをしっかり摂って、しっかり睡眠または体を休ませる。
そして、その間に成長ホルモンがしっかり出され、体を作ってくれる。

スポーツをする人にとって、睡眠はパフォーマンスを上げるためのトレーニングの一つと
言っても過言ではありません。

 

アミノ酸って? 年齢に負けない

 

 
|
 







全商品一覧へ