年齢に負けない!ずっと「キレイ」でいるためのアルギニン

年齢に負けない!ずっと「キレイ」でいるためのアルギニン

体のターンオーバー


 人間の体を作っているのは、タンパク質です。
このタンパク質が少しずつ入れ替わっていくことによって
、健やかでしなやかな体がキープされます。

このタンパク質の入れ替わり(ターンオーバー)が
うまくいかないことを、「糖化」と言います。
糖化とは、体のなかのタンパク質と、食事によって
体のなかに取り込まれた糖質が結びつき、
「塊」になってしまうことです。

タンパク質の糖化は、美容の大敵。
コラーゲンやエラスチンなど、美容面における大切な成分は
いずれもタンパク質です。
タンパク質の糖化は、美容の大敵。
コラーゲンやエラスチンなど、美容面における大切な成分は、いずれもタンパク質です。
よって、体のなかで糖化が起こってしまうと、コラーゲンの伸縮がストップ。
弾力がなくなったり、たるんでしまったりと、良いことがありません。

幅広い役割を担う「スーパーアミノ酸」ことアルギニンは、
タンパク質を作り出すだけでなく、タンパク質の糖化を食い止め、キレイな入れ替わりをサポートします。


成長ホルモンでエネルギーを使う


 成長ホルモンは、その名の通り、
体の成長のために必要なホルモンです。
だからと言って、体が育つ成長期にしか
出ていないわけではありません 。

歳を取ると若いときに比べて出る量が減りますが、
歳を取ってからの成長ホルモンは、
体の「入れ替わり」の手助けをしてくれます。

また、成長ホルモンは、エネルギーを使うときにも
必要になります。
無駄なお肉の「つきやすさ」は、体のなかの成長ホルモンの
量に関係しています。
歳を取ると若い頃よりもダイエットが成功しにくくなるのは、
成長ホルモンの量が減っているためです。
60歳代になると、成長ホルモンは青年期の2〜3割程度しか出なくなってしまいます。

成長ホルモンとは

 
  血流は、体の各部分に酸素や栄養分を運ぶだけではなく、
不要なものを回収し、体の外に出す役割も果たしています。
この仕組みがスムーズにいかないと、体の外に出すことができず、
不要分を残してしまうことになります。

体の中心にある「ポンプ」から離れている部分が冷たい場合は、
血流が滞っていることが考えられます。
クマや色ツヤの悪さといった代表的な美容トラブルも、
血流がうまくなっていないために起こります。

アルギニンが出すNO(一酸化窒素)は、
体のなかにある管を柔らかくすることによって、血流をスムーズにしてくれます。

ノーベル賞をとったNO(一酸化窒素)の働きとは
 
 
 
|
 








全商品一覧へ