成長ホルモンを作り出して、スーパーダイエット

成長ホルモンを作り出して、スーパーダイエット

アルギニンは「スーパーアミノ酸」という呼び名の通り、体のなかのさまざまな部分に関わる幅広い役目を持っていますが、ダイエットの頼もしい味方でもあります。
実はアルギニンは、「成長ホルモンを作り出す」「NO(一酸化窒素)を作り出す」ことによって、ダイエットをサポートしてくれるのです。



アミノ酸とは

アルギニンのダイエット関連2大パワー


 @成長ホルモンを出すことにより、
ムダなお肉を減らしてエネルギーの放出量を増やす


「昔のようにダイエットがうまくいかない」
と思っているかたは、体のなかにある成長ホルモンの量が
関係しているのかもしれません。

成長ホルモンは歳を取るにつれて、その量が少なくなっていきます。

成長ホルモンは青年期に最も多く放出され、年齢と共に減っていきます。60歳になると、放出量が青年期の2〜3割程度になると
言われています。

体のなかにある成長ホルモンが減ると、エネルギーの放出量も途端に減ってしまいます。
成長ホルモンが盛んに放出されていた若い頃は、エネルギーの放出量も多いため
ムダなお肉が減りやすかったのですが、中年期以降はなかなか減らなくなってしまうのです。

成長ホルモンとは



  A血流を良くする

血流を良くすることは、ダイエットに欠かせない重要ポイントです。
血流は体全体に酸素や栄養分などを運ぶだけでなく、
不要なものを回収して外に出すという役割も持っています。

ただし、血流の管には、歳を取るにつれて
不要なゴミやカスなどがどんどんついてしまいます。

そうしたゴミやカスによって管が固くなってしまうと、血流が滞ってしまうのです。

アルギニンには、血流の管を柔らかくするNO(一酸化窒素)を作り出す役目があります。

NOによって管が柔らかくなれば、血流がスムーズになります。
「めぐり」が良くなると体がぽかぽかし、食べたものがすぐにエネルギーに変わるため、
ムダなお肉がつきにくくなるのです。

ノーベル賞をとったNO(一酸化窒素)の働きとは 


 
|
 








全商品一覧へ