アルギニンと緑茶

アルギニンを食品から

緑茶

アルギニンは食品から摂取するというの一考です。
大豆、カニ、えび、鶏肉、豚肝などに多く含まれています。
中でも一番簡単に摂取するためのお勧めは「緑茶」です。


お茶の中でも玉露のような高級なお茶が一番
アルギニンの量が多く含まれています。


乾燥茶葉の状態で、
アルギニンの含有は玉露で0.65%〜1.1%も含まれますが、
番茶などでは0.03%しか入っていません。


リラックス成分として有名なテアニンも同様に高級なお茶ほど含まれています。
テアニンの含有量とほぼ比例して、高級緑茶にはテアニンとアルギニンが豊富に含まれています。


高級なお茶は旨みと渋みがすばらしいですが、その苦味はアルギニンの成分になります。


やはり日本の緑茶はとても優秀なのですね。
緑茶の玉露でゆっくりリラックスして、アルギニンを摂取するなんて、とても贅沢ですね。


 

アルギニンを多く含む食品    アルギニンとは

 

 
|
 







全商品一覧へ