アルギニンで生活習慣を見直し

アルギニンで生活習慣を見直し

沈黙の不具合


 生活習慣に由来するさまざまな不具合やトラブルは、
知らず知らずに忍び寄ってくる「沈黙の不具合」です。
人間は「血流の管と共に老いる」と言われていますが
、管そのものの状態を目で確認することはできません。

そんな人間の全身に関わる血流を守っているのが、
NO(一酸化窒素)です。
管を柔らかくして流れを良くするNOは、
アルギニンから生成されています。


スーパーアミノ酸 アルギニン

 
アルギニンは、その働きかけの広さから
「スーパーアミノ酸」とも呼ばれています。

また、NO(一酸化窒素)との関係からも注目されています。
NOは排気ガスなどに含まれる有害物質ですが、
体は必要に応じてNOを出し、管を柔らかくしています。
血流が良くなると管のなかでNOが作られ、
管を柔らかくしているのです。

このNOの原料が、「スーパーアミノ酸」のアルギニンなのです。
これは世界的にも重要な発見で、
ルイス・イグナロはNOの働きについての研究で、
1998年にノーベル医学賞・生理学賞を受賞しました。

ノーベル賞をとったNO(一酸化窒素)の働きとは アミノ酸とは

血流の管にゴミがたまる

 
なぜ人間の血流の管は、年齢と共に
固くなってしまうのでしょうか。
血流の管は、体のすみずみまで張り巡らされ、
酸素や栄養分を体の各部分に届けています。

それと同時に、体で使われなくなったものを回収しています。
例えば住宅の水まわりのパイプが詰まるように、
不要なゴミやカスが蓄積されると、管も汚れてしまいます。
この汚れによって、管が次第に固くなってしまうのです。

アルギニンには、管からゴミやカスを遠ざける力があるため、
体のなかのアルギニン量が多ければ柔らかな管が保てます。

一方、ゴミの蓄積が少なくても、年齢と共に管は自然に固くなってしまいます。
ただし、実年齢と管年齢には差があります。
管年齢が実年齢より上の場合は、十分な注意が必要でしょう。

いったん固くなった管をもとに戻すことは、非常に困難です。
早め早めにアルギニンを摂取して、年齢に負けない、しなやかな管を保ちましょう。

他にも嬉しい

 
アルギニンには、血流を良くするだけでなく、
そのほかにも嬉しい役割がたくさんあります。

タンパク質を合成して理想的な体を作るのも、
成長ホルモンを生成して子供の身長をサポートするのも、
コラーゲンを生み出して女性にハリと潤いを与えるのも、
すべてアルギニンが関わっています。


女性とアルギニン 毎日アルギニン スポーツとアルギニン ダイエットとアルギニン
 
|
 








全商品一覧へ