賞味期限と消費期限

食品の表示には賞味期限と消費期限とあります。

その違いは意外と知られておりませんが、
食品の種類によってどちらを用いられるか変わります。

消費期限とは、すぐに腐ってしまう食品でおおむね5日くらいで食べないと痛んでしまう商品に利用する期限です。
必ず、消費期限までに食べてしまわないといけない・・・と考えられる食品です。
だから、その日はとても重要な日にちです。

一方
賞味期限とは、その日が来てすぐに食べられなく日ではありません。
あまり品質が急激に悪くならない食品のため、期限を過ぎてもすぐに食べられなくなる食品ではないものに利用します。

弊社の商品は傷みにくい商品が多いため、
すべてが賞味期限表示になっておりますので、保存方法さえきっちりしていただければ
すぐに食べられなくなる商品ではありません。



弊社の賞味期限とお届けの考え方

弊社では商品の賞味期限が残り半分になりましたら、商品のお届をストップしております。
たとえば、1年の賞味期限の商品でしたら、6か月を切ったら商品はお届けしておりません。
弊社が扱う商品の中で一番賞味期限の短い商品は3か月ですので、1か月半までは最長お届を続けております。
大変申し訳ございませんが、賞味期限の指定はお受けすることができませんのでご了承くださいませ。



アルギニン ご注文